レーザー治療の盲点はあるの?

レーザー治療の盲点

シミを手っ取り早く取ろうと思ったら、クリニックでレーザー治療を受けることが最速の方法です。クリニックでシミ取りを利用する時に、知っておいてほしいことがダウンタイムです。ダウンタイムは、マッサージで言うところの好転作用で、レーザーを受けたことによるダメージが肌に現れたり、強い痛みを感じたりすることです。

 

一般的にこのダウンタイムの期間は、畑の妖精期間と言われていて、シミを皮膚の奥から排出するための準備期間となります。実際の症状としては、畑表面にかさぶたができて、ヒリヒリと痛みがしたり、あざのようになってしまったり、場合によっては皮膚がむけてしまうこともあります。

 

そのままの状態では、外出することも億劫になってしまい、外出するにしても患部に細菌などが入ることを避けるために、マスクを着用したり、かなり神経質にならざるを得ない時間を過ごすことになります。

 

ダウンタイムの期間は、使用したレーザーの種類によっても異なりますが、数日から2週間以上かかることもあります。ですので、レーザーによるシミ取りを計画している場合には、長期休暇を利用するなど、ダウンタイムの時間を考慮して、計画を立ててください。

 

万が一、シミ取りの施術を受けようとしているクリニックで、このダウンタイムに対する説明が無い場合には、きちんと確認を取りましょう。そもそも説明をしないクリニックは、信頼性に欠けるので、施術を受けることを考え直した方がいいかもしれません。