ピーリングの美白効果の真相は?

ピーリングの美白効果

エステティックサロンでピーリングを受けると、今までのゴワゴワした肌じゃなくて、ピンク色のプルプルとしたまるで赤ちゃんのような肌に変わるので、美白されて生まれ変わったかのような錯覚になります。ピーリングによって古い角質が剥がされた状態なので、ピンク色に見える肌は、本来の果てよりも薄くなっている状態です。ピーリングされた後の肌をそのままにしておくと、外部からの刺激を受けやすいので、以前よりも黒ずみができやすくなります。

 

大事なのはピーリングした後のスキンケアです。薄くなった肌は、保湿する能力が衰えているので、しっかりと水分を補給してあげなければなりません。 ピーリングによって、薄くなった肌の再生力を上げるために、とにかく栄養を与えてあげましょう。丈夫で保湿力のある肌を作るためには、何よりも栄養が欠かせません。アミノ酸、ペプチド、ビタミンなど、肌の栄養となる成分を、惜しみなく加えてあげましょう。

 

この時に美白を意識している人は、良質なビタミンC誘導体が含まれている化粧水を使ってあげると、肌の奥まで届きやすいので、結果としてシミ対策となります。ピーリングそのものには、美白効果はありませんが、美白ケアを促進させるためには最高の処置と言えるでしょう。

 

ピーリングの後の肌は、従来の肌よりも敏感になっているので、化粧水を使うときは必ずパッチテストをしてください。いきなり使ってしまうと、肌に合わなかった時に大きな後悔をしてしまいますよ。